「疲れたとき、ストレスフルなときの甘いモノって癒されるよね。でもでも、食べた後の

「疲れたとき、ストレスフルなときの甘いモノって癒されるよね。でもでも、食べた後の罪悪感を『ご褒美〜』とか言って誤魔化してたらダメだよね。まるで意識低いOLさんだよね。」ってひとりSNSでつぶやいていたらよかったのに、ついうっかりLINEの会話にコピペ返信してしまったので、既読のままトーク更新が止まっている土曜の夜さ、連れ出してあげる〜 Don’t Stop My ラァ〜ヴ 恋をとめないでー https://youtu.be/8UN1VwYNGM0

渋谷陽一+松村雄策『渋松対談 赤盤』 http://amzn.to/1Fq94Tj を楽しみに読みはじめようとしていたら、仰々しい「まえがき」に驚愕の事実が!あとがきに書いて欲しかったぜ…。インターステラー http://amzn.to/1QTCfTF 序盤で、お父さんが本を押してるのが映っちゃってる感じやん。

「関連するピン」として「Repin」されるので、自分でも忘れていた情報が発掘され

「関連するピン」として「Repin」されるので、自分でも忘れていた情報が発掘されるのが有難いです。「画像」なので、閲覧対象が言葉の壁を超えて全世界なのも、高反応に繋がっていると思っています。タグを付けたTumblr投稿と双璧です。 QT @sasakitoshinao: ピンタレストはSNSではなく、ブックマークサービスであるという説明。過去のできごとを共有するFbと異なり、未来の自分の行動のために情報を集める。 / Pinterest http://ow.ly/N3gqq

突然少し肌寒いですね。
季節先取りな薄着の女の子に上着を着せて、「人生何があるかなんて解らない。備えあれば憂いなし。」…ドヤ顔がキマりました。
日本が誇るU社製のジャケット、買い値に対してのクリーニング代があまりにも惜しくて、ハンガーにやむなくぶら下がっていたのはもちろん内緒です。

「渚のバルコニー」「ルビーの指環」「冬のリヴィエラ」など日本歌謡史に残るヒット曲

「渚のバルコニー」「ルビーの指環」「冬のリヴィエラ」など日本歌謡史に残るヒット曲を数多く生み出してきた作詞家・松本隆氏(65)の作詞活動45周年を記念し、トリビュートアルバム『風街(かぜまち)であひませう』が来月6月24日に発売されます。 http://www.oricon.co.jp/news/2052440/full/

もし「詞?」「まつもとたかし?」って方がおられましたら、「主な作品」 http://ow.ly/MJsx1 や「松本隆が制作した楽曲」 http://ow.ly/MJsyU をご覧になって、「えっ、これも?これもかい!!?」となっていただきたい。

個人的に「えっ!?これも??」となったのは「魂を抱いてくれ」(作曲:氷室京介)、「風の谷のナウシカ」(作曲:細野晴臣、歌唱:安田成美)、「赤道小町ドキッ」(作曲:細野晴臣、歌唱:山下久美子)でした。

光の速さで予約しました。