いつものパン屋が今日は混んでいる。

お気に入りを何個かチョイスしてレジに並んでいると、4歳くらいの女の子がちょこちょこ足下をうろついて、トレイに載せたパンを落としそうになる。

和風美人ママ「まぁ、すみません!ダメよ、ゆうちゃん。ゆうちゃんのtə’ːrnまで待ちなさい!」
ボク「あ、大丈夫です (トァーン?た?ターン??)」
ゆうちゃん「ゆうちゃんの番まだー?」

和風美人ママ「ゆうちゃんのターンが来るまで待ちましょうね」
ゆうちゃん「ゆうちゃんの番まだー?」

「ターン」と「番」という韻の踏みあいが後方で粘り強く幾度か続き、ボクがお会計をしている際に隣のレジが空いて、親子の順番になった。

和風美人ママ「はい!お待たせ。ゆうちゃんのターン来たよ」
ゆうちゃん「ゆうちゃんの番!ゆうちゃんの番きた!」

ボクが聞く限り、ゆうちゃんは結局一度もターンって言わなかった。

英語くらい余裕で話せるべき現代、和風美人ママの教育を応援したいのは山々だけれども、ボクはどっちかといえばゆうちゃん派です。

The Verve「Bitter Sweet Symphony」MVで、メンバーが合流するシーン https://youtu.be/1lyu1KKwC74?t=4m7s にグッときてしまう私。マキシマム ザ ホルモン「予襲復讐」の合流シーン https://youtu.be/beN5ep5MrdY?t=3m1s も本当に泣けます。

暖かな春分の日でしたね。川べりに咲いた桜のジャケットが美しいサニーデイ・サービス「東京」http://amzn.to/2mkGqme から、「恋におちたら」を聴いています。シンプルなバンド演奏かと思いきや、中盤の盛り上がりがヤバいです。

冒頭3ページ目で「書店」じゃなく「ジュンク堂」って表現されていてノックアウト。大阪へ月に一度行くか行かないかである神戸在住の私には、ページ毎にミナミのザワザワが聞こえました。柴崎さんは日々目にする街並が、こういった文章で記憶されていっているんでしょうか?愛媛の実家へ帰省した際、海が見える料理屋を予約したいです。 / 柴崎友香『その街の今は』新潮文庫 http://amzn.to/2mkr7ty

どうも下戸です!必然的にド変態です! RT @fukazume_taro: 完全

どうも下戸です!必然的にド変態です! RT @fukazume_taro: 完全に同意だし、もっというとシラフでセックスできる人はド変態だと思ってる。 https://t.co/HkcRpBkxQJ