尊敬出来る人や儲けてる人と接している「だけ」では意味がない。虎の威を借りて偉くなった気になってるだけであり、自分のスキルは全く上がってない。
という事を思ったのも、百貨店で土産用の菓子折りを買った際、店員の女性がサラサラっと書いた漢字があまりにも美しかったから。
自分の名前などこれまで何度も書いてきているし、紙でディスプレイで、整ったフォントを見る機会も膨大に増えているはず。なのに自分の書く日本語ときたら…。
居るだけ、聴くだけ、見るだけでは全く身につかない。実践して失敗して、試行錯誤して修正して反ぶくしないと。
身だしなみもそうですね。キレイにしようと常日頃気を付けなければ、意識して努力しなければ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中