しかし『紙の月 http://amzn.to/1z9oSFW 』も『八日目の蝉 http://amzn.to/1pCgb36 』も、現時点での僕にはタイトル(題名)がしっくりこない。東野圭吾さんの小説タイトルは最後の最後に「うおっ!そういうことか‼︎」と幾度となく唸らされてきたのだけど。

東野圭吾さんはやはり解り易いのか。読者解釈に委ねっぱなし(勿論そこが良いのだが)な村上春樹『アフターダーク http://amzn.to/1scdyUH 』と違い、『悪意 http://amzn.to/1v70k05 』は丁寧に解説してくれてるし。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中