“1. 会社中心主義が支配的であるため、企業間の労働移動が阻害されており、これ

“1. 会社中心主義が支配的であるため、企業間の労働移動が阻害されており、これが産業構造改革の障害となる。 2. 間接金融体制の下では、新しい産業に対する資金供給が十分になされない。 3. 農業、流通業、サービス産業などの低生産部門の合理化に手をつけられない。このため、円高のメリットが消費者に還元されない。 4. 税財政制度が中央集権的であり、財政支出の地域別配分を大都市地域にシフトできない。また、「借地法・借家法」の制約のため、都市の土地利用が固定化してしまっている。” / 『1940年体制 (増補版) ―さらば戦時経済 』野口悠紀雄 http://amzn.to/2gPk0mv

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中