受け身の読書に流されてはならない。著者と折り合いをつけるためには、意欲的に言葉に

受け身の読書に流されてはならない。著者と折り合いをつけるためには、意欲的に言葉に注意をはらわなければならない。 / 『本を読む本』(講談社学術文庫) J・モーティマー・アドラー http://amzn.to/2ho8k9J p.118

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中