Facebookと違って、mixi上での「再会」は困難である。

「同級生」と言われても、20年も経っていれば顔写真と実名があってさえ思い出が蘇らない (そもそも交流がなかったのかもw) 場合も失礼ながら少なくない。ただmixiの自分のプロフィール上にある「友人からの紹介文」はいい感じ。

同窓会も兼ねてるFacebookに、同様の「コーナー」あればよくないですか?友人からコツコツとエピソードが追加されていけば面白いと思うのですが。

※肝心なのは、顔が真っ赤っかになる黒歴史を書かれてしまった場合、自分で削除なり非公開に必ず出来る仕様で!

広告

ジャージャー?

神戸市須磨区名谷のバス停で、お子さんが乗ってたクルマ。デザイン超カッコいい!脚で蹴るこの乗り物の呼び名は、世代と地域で諸説あるようです。ジャージャーとか。

しかしiPhoneのFacebookカメラ・アプリとInstagramからは、写真撮影場所の位置情報も合わせて選択アップロード出来るのに、Google+アプリからは出来ないですね…。

無印良品の婦人麻服新作、モデルが兵庫県出身のKanocoさん

無印良品の婦人麻服新作、モデルが兵庫県出身のKanocoさん〜!
http://www.muji.net/store/campaign/detail/C1304050101?sns=fb-mujinet-130507_1

「同窓会機能」で盛り上がれるFacebook

mixiにも「同級生機能」があるわけですが、
https://twitter.com/#!/kengochi/status/49675111653052416
という問題が。
https://twitter.com/#!/ogasawaramakoto/status/49686760430641152
https://twitter.com/#!/kengochi/status/49690846571933696
なんて改善は未だあらず、やっぱり
https://twitter.com/#!/kengochi/status/84636539392503808
ってことに…。

もうひとつ、mixiの「友人からの紹介文」機能は良い仕組みだと思えるので、Facebookでも使えたらもっと「同窓会機能」で盛り上がれるはずです。LinkedInには推薦欄があるようですね。

Facebookとドラゴン・タトゥーとウシジマくん

昨晩『闇金ウシジマくん』23巻に追いついた!

ウシジマくんの世界観は、26歳までバンドをやっていて、その後人夫(妊婦でも人材でもありません)派遣業にも携わった僕には生々しく痛々しくて。どっちかと言えば取り立てられる側に感情移入してしまいますよ…。
最近観た映画『ドラゴン・タトゥーの女』に多出するシーンで胸が締め付けられる心境にも似てます。

で、どんな服装をするか(どんな格好が出来るか)と似て、TwitterとFacebookで「どう自分を演出するか」はセンス。

調子合わせたりいい人ぶったり背伸びしたりはソーシャルメディア普及前も散々やってきてるはず。

Web閲覧とスマートフォン操作に費やす時間がない場合は、身の回りの「自分にとってどうでもいい人」「接してて疲れる人」から離れていけばいい。

出来ない場合は我慢ガマン。それがみんなが集まった社会だし、自分が選択した居場所だから。

どうせ誰もちゃんと見ていないんだから、その不甲斐なさをTwitterでつぶやけばいいじゃない。 まこを